読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

年末にバーで出会った調教師の先生におすすめした西公平の「ゲス、騎乗前」の1巻がようやく発売された件

拝見。

年末に場末のバーで出会った調教師のお兄さんへ。

お兄さんは覚えているでしょうか。昨年末にあのバーで出会った2人組のことを。一人はベレー帽をかぶる自称「漂浪の画家」で、もう一人は冴えないリーマンの2人組を。

あの時、お兄さんは自慢気に「顔が指すの困るわ~」と言ったあげくに、自分の名前を無理やり私たちにwikiで調べさせましたよね。私達はまったくお兄さんのことを知りませんでしたが、あの晩、奢ってくれたから今では応援しています!また奢ってください!

さて、あの晩、お兄さんがごちそうしてくれたアイリッシュコーヒーを飲みながらご紹介した漫画がこちらです。「調教師に媚を売っていい馬に乗ろうとする漫画です」と説明したら「俺らは絶対に媚なんかで騎手を決めへん、絶対や」って仰ってましたね。でもお兄さん、この漫画は面白いっすよ。

ようやく1巻が発売されましたので、ごっつい稼いでるお兄さんは100冊ぐらい買って読んで下さいね。そしてお兄さんの「競馬は博打やない、ブラッド・スポーツや」との熱い言葉は一生使わないだろうけど忘れません。

またどこかでお会いできるといいですね。あの晩はしたたかに酔っておられたのできっと覚えてないでしょうけどね!

でも面白いですよ。西公平の「ゲス、騎乗前」です。
ぜひ読んで下さいね!!
そしてまた会えた時はまた奢ってくださいね!

f:id:shikakuu:20160216164656j:plain
f:id:shikakuu:20160216164700j:plain
f:id:shikakuu:20160216164702j:plain
f:id:shikakuu:20160216164707j:plain
f:id:shikakuu:20160216164709j:plain
f:id:shikakuu:20160216164712j:plain
f:id:shikakuu:20160216164715j:plain
f:id:shikakuu:20160216164722j:plain
f:id:shikakuu:20160216164724j:plain
f:id:shikakuu:20160216164726j:plain
f:id:shikakuu:20160216164728j:plain
f:id:shikakuu:20160216164730j:plain

というお話。年末の話は実話です。
おしまい。

「ゴッドサイダー」「ミキストリ」の巻来功士先生の自伝漫画、「連載終了!~少年ジャンプ黄金期の舞台裏~」はさっぱりした読み口で!エログロはどこいったんだよ!

昔からよくある漫画家先生の立志伝というか自伝というか、そういう漫画ジャンルに巻来功士先生が挑戦しています。
f:id:shikakuu:20160209125028j:plain
しかしですね、巻来功士といえば30代の私からしても一世代以上前の作家先生な訳で、そもそも今回買った「連載終了!~少年ジャンプ黄金期の舞台裏~」で初めて名前の読みた方を知ったよね。まきこうじって読むんだよみんな!

巻来功士先生の代表作である「ゴッドサイダー」とか「ミキストリ」は古本屋でよく見かけたけど読んだことはなし。何か独特の禍々しい雰囲気があるから、作者は絶対に変な人だと思ってたところに、この本が出たのでどんな作者なんだろうって買ってみたんだよね。

ところがですね、すごく普通なんですよこの本は!主人公の巻来功士先生もどこにでもいる普通の青年なんですよ。先生の作品から醸しだされる負のオーラがまったくない。憑き物が落ちたようにすっきりとした絵とストーリーで、先生の苦労話が続く訳です。いやいや、新人賞に応募して落ちた話とか担当編集が変わって大変だ、みたいな苦労話はですね、他の先生がすでに描いてるんで知ってるんですよ。見たかったのは先生の黒い(はず)の内面なのに、何もない。ゴッドサイダーの誕生秘話も非常に軽いノリで悪魔学の本を片手に描き上げるわけですよね。
f:id:shikakuu:20160209125823j:plain
とはいえ、ジャンプ黄金期の舞台裏ってことで秋本治先生とか原哲夫先生が登場したり。
f:id:shikakuu:20160209125052j:plain
荒木先生が登場したり、有名な先生が出てくるのは面白いですわ。
f:id:shikakuu:20160209125048j:plain
面白く感じるのは編集部の話であったり他の先生達の話で巻来先生のお話はいまいち。絶対に何か隠しているよねこの先生。あるだろ、もっとぶち込める内容が!なきゃあんな漫画描けないだろ!あと、そこはかとなく絶妙にダサい雰囲気なのはご愛嬌ですかね。このページとか、そのページとか。翼が生えてるやん、みたいな。
f:id:shikakuu:20160209125059j:plain
f:id:shikakuu:20160209124345j:plain

一番おもしろかったのは巻末のジャンプ5代目編集長・堀江信彦氏との対談。
堀江氏のマンガ論が非常におもしろかった。巻来先生は、まあ別に。

ストーリーラインが縦糸
演出やキャラクター作りが横糸

漫画って横糸7:縦糸3くらいでいいんだ。それを「キャラクター」っていうわけ。

大体20ページあたり100コマは必要。それで割ってないのは面白くないんだ

最近の漫画は70~80コマ。
じゃあその30コマくらいの違いはなんだって言うと、そこでちゃんと場面転換とか時間経過とか捨てカットを入れて、人の表情で間を作るとか、読者にフッと想像させるとか、そういうことをやっているの。演出をしてるのね。

それでその編集からメールが帰ってきて、「堀江さん、すいません。『ワンピース』104コマでした」って。

この部分は久保帯人先生に是非読んで頂きたいな、と思いましたよね。
巻来功士先生の強みであるエロス・バイオレンスがない自伝で少し残念でしたけどね!

おしまい。

ミキストリ 1巻

ミキストリ 1巻

西森博之先生が大復活で少年サンデーも大復活!?

ん~もう、大好きです西森先生!
よっ!復活おめでとうございます!!!

2016年2月3日発行の少年サンデーにて「柊様は自分を探している」が掲載スタートいたしました。幸せです。
こちらは前々から告知されていた予告画像。
f:id:shikakuu:20160204101917j:plain

そして今週のサンデーの表紙がこちら。あれ、黒髪ですねー。
f:id:shikakuu:20160204101934j:plain

さて、まずは昨年末に先生のブログから見てみるとですね、、

とにかく、2月頃からサンデーで連載が始まります。

もう、オジサンには無理だよ…とあきらめていた週刊連載です。出来るのか?みたいな感じですが、ガムばってみようと思います。
そんなわけでこれから先に、時間に余裕がもてるわけがありません。

が、もっと頑張ればいいのです!マンガでよくある手法ですね!
努力して目標を達せられなければ、もっと頑張ればいいのです。それでだめならもっともっと頑張ればいいのです!
結局、最後は根性ですよ、努力ですね!うおおおーー少年漫画!

僕は今年はやりますよーー!

ちなみに今回私は、女の子を主人公にしました。
とても努力家で、一生懸命な女の子です。心清らかで優しい女の子です。男の子の三歩後ろを歩くような健気な娘です。ああ、大和撫子!部長!

対する男はろくでなしで、根性無しで、まるでやる気の無い軟弱者です。セイラさんに殴られたらその場でぶっ倒れてしまうような弱い男です!
ラビュコメです!果たしてこの二人がどんな結末を迎えるのでしょうか!?

乞うご期待!

西森んち 思いつきで生きている

とのことですが、一話を読むとにやにやしちゃうよね!先生!!

新編集長の市原武法氏によるサンデー大改革がいよいよ始まって胸が高鳴ります!
natalie.mu

次は藤田和日郎先生の登場を待つばかり。前作の例のお伽話のやつはちょっと無理がありましたもんね!!あれは前編集部のせいですよね!!この予告からは面白そうな匂いしかしませんもの。
f:id:shikakuu:20160204104034j:plain
f:id:shikakuu:20160204104040j:plain

おしまい。

素朴で素直で健全なきみのための一生読まなくていい漫画リスト

「東京喰種」とか「恋は雨上がりのように」とか「だがしかし」なんか読んでもっと面白い漫画ないですか~とか言ってるそこの若者よ。ない!お前におすすめする漫画なぞない!この漫画がすごいランキングでもずっと読んでろ!

いや、違う。今回はそんな健全な若者がだね、イオンモールのビレバンで間違っても買っちゃあいけない作品をピックアップだ。素朴で素直なきみの感性が汚されることなくピュアであり続けられるよう俺は願っているぞ。だから以下に挙げた漫画はきみは一生読んじゃあ駄目だ。心が汚れるからな。いいか絶対に手を触れてもだめだからな。見かけたらゲロ吐いちゃうぐらいちゃんと覚えとけよ!

人生の苦さを知りたいからってこの本を手に取ると後悔するぞ。お前が想像している底辺なんて底じゃなあないんだよ。

『四丁目の夕日』山野 一

f:id:shikakuu:20160202182042j:plain
金がない。不幸は連鎖する。一度落ちると這い上がれるわけがない。こんな本はきみの人生観になんらプラスに作用しない!しかも読み始めると面白いから余計にたちが悪い。絶対に買っちゃあ駄目だからな!

四丁目の夕日 (扶桑社文庫)

四丁目の夕日 (扶桑社文庫)

旅行記漫画なんて他にいっぱいあるんだからこの漫画は選ぶんじゃない。あ~インド行ってみたいんだ~とか言って気軽に読むとお前はもう二度とまともな旅行ができなくなるぞ

『ぢるぢる旅行記』ねこじる

f:id:shikakuu:20160202183036j:plain
あたしメンヘラってるの~とかアホなこと言うてるとねこじるさんに地獄に引きずりこまれるぞ。特に旅行前に呼んだら気分が落ち込んで旅行どころじゃなくなるからな!純粋なきみには一生必要ない知識しか詰まってない本だからな!買うなよ!

ぢるぢる旅行記 (インド編) (Bunkasha comics―Manga Aloha! series)

ぢるぢる旅行記 (インド編) (Bunkasha comics―Manga Aloha! series)

バイオレンス漫画なんて星の数ほどあるからこの本はやめときなさい。世の中、読者の目線を気にする優しい作家先生ばかりじゃあないんだよ。替わりにきみは「アクメツ」でも読んでればいいんだから

ザ・ワールド・イズ・マイン』新井 英樹

f:id:shikakuu:20160202183924j:plain
感情移入のしようがない主人公の本なんて興味ないでしょ?圧倒的に暴力的なものに惹かれないでしょ?ほらほら、きみはワンパンマンでも読んでなさい。こんな本はきみの感性に間違いなく合わないし絵も気持ち悪い~って感想しかどうせないんだろうからそっと本棚に戻しときなさい。

スプラッターを見て笑うなんて野蛮なことはやめときなさい。人が死ぬシーンで笑うなんて純粋なきみにはできないんだからこの本は誰かに勧められてもお断りしておきなさい!

『殺し屋1』山本英夫

f:id:shikakuu:20160202184857j:plain
夜の歌舞伎町って海老蔵がいるんでしょ~とか軽い気持ちでこの本に手を出すと見たくないものをいっぱい見るはめになるぞ。血まみれ&白い体液が大量に噴出するんだからきみには向いてないんだからな。わかったならクピドの悪戯でもきみは読んでいればいいよ!

殺し屋1 第1巻 (小学館文庫 やC 11)

殺し屋1 第1巻 (小学館文庫 やC 11)

あかんあかんで、この本は。死ぬできみ。心が死ぬ。読んだら当分は風呂もトイレも一人で行けなくなるからな。ホラー漫画って大したことないじゃんとかナメてると楳図先生にしばかれるぞ!

神の左手悪魔の右手』楳図 かずお

f:id:shikakuu:20160202185753j:plain
そんな昔のホラー漫画なんて怖くないっすよ、とかナメてると生理的にゾワゾワくるからな!絶対に読むんじゃないぞ!この漫画は俺のトラウマ漫画でもあるぞ!怖い!!きみのピュアさを守りたいから読むな!

ナウシカみたいな蟲愛でる姫に憧れてこの本を読んだら虫嫌いになっちゃうからやめとけ。きみはハケンの麻生さんでも読んで我慢しときなさい

エンブリヲ小川幸辰

f:id:shikakuu:20160202190645j:plain
虫漫画なんてロクなもんじゃないぞ。ほらよく見てみな、可愛くないやろ。素朴なフリして虫平気です~とか言ってるとおまえも刺されるからな。よく考えてみな、虫の漫画なんてこれっぽっちも興味ないやろ、な?やめとき。小川先生、なんでエロ漫画に行ってしもたんや。帰ってきて欲しいです!!

劇画って読んでみたいんだ~とか言ってサブカルぶってもいいけどこの本には手を出すなよ!読んでもきみには理解できない話だし、得るものなど何一つないからな!!

『それがし乞食にあらず』平田弘史

f:id:shikakuu:20160202191144j:plain
そもそもだけど、きみ劇画読めないだろ。線が古いとか男臭いとか上っ面だけで生きてるんだから、これからもそのままスクスクと育てばいいんだ!こんな本はおまえには宝の持ち腐れだ!!!絶対に買うんじゃあない!!

それがし乞食にあらず (平田弘史傑作選 (昭和四五年~四六年))

それがし乞食にあらず (平田弘史傑作選 (昭和四五年~四六年))

以上ですよ!!!もし本屋で見かけても絶対に買うなよ!

あと「蔵六の奇病」とか丸尾末広先生のとかもあるけどまあいいよ。とにかくきみの大切な時間を使ってわざわざ読まなくていい本のリストだよ。一生読まなくても何一つとして損することはないからな!きみは夏風とかドメスティックな彼女とかで恋愛のお勉強をしてなさい。
反転、根暗で友達がいない人にはオススメの漫画リストでした。

おしまい。

BRUTUSの「今読んでおきたい漫画8作品」は当然ながらオタク向きではない事を買う前に気づくべし

f:id:shikakuu:20160202125601j:plain
昨夜のこと。仕事帰りの電車にて「漫画ブルータス」の中吊り広告に見事釣られて帰路の本屋で買ってまいりました。「いま読んでおきたい8作品」「もう一度、漫画を」というキャッチフレーズがそそられますよね。といっても漫画は常に読んでいるんですがね。

BRUTUS(ブルータス) 2016年 2/15 号 [雑誌]

BRUTUS(ブルータス) 2016年 2/15 号 [雑誌]


natalie.mu
honz.jp


f:id:shikakuu:20160202125212j:plain
特集の表紙を見た瞬間に違和感がありまして「一体、僕たちはいつから漫画を読まなくなったんだろう」という一文から始まるわけです。いや、すいません、ずっと読んでます私。街コンに誘われたはずが気がついたらアムウェイの集会に参加させられてるぜってな騙された気分な訳ですが、「漫画の今」を教えてくれるそうなので、そこは勘違いした自分がバカなだけだと言い聞かせながら読み進めるとですね。

f:id:shikakuu:20160202125217j:plain
浦沢直樹の漫勉」というTV番組を企画した浦沢直樹×倉本美津留の対談が軸に進んでいくわけですね。そして残念ながら私、その番組は拝見しておりません。倉本美津留は漫画に関係ないやろこのやろう、です。あかんだんだん愚痴になってきた。

まあこの二人の対談が「手塚治虫」「白土三平」「梶原一騎」「つげ義春」「赤塚不二夫」「水木しげる」「山上たつひこ」「大友克洋」の読書体験を語り合っていくわけだけど、一向に「漫画の今」の話はしてくれないのであります。おい、今はどこ行ったんだよ、であります。いま面白い漫画の話はどこでしてくれるんだよ、ブルータスめ。

f:id:shikakuu:20160202125224j:plain
この雑誌を買ってよかったなーと思えることがひとつ。通常の漫画雑誌よりも一回り大きい誌面で漫画を読めること。単行本では伝わりにくい細かい描きこみを迫力を感じながら読めます。特にアイアムアヒーローとBLUE GIANTは読む価値ありです。ド迫力です。

で、ブルータスが厳選した、今読んでおきたい漫画8作品がこちら。

アイアムアヒーロー 花沢健吾 (←全部読んでる・大好き)
・BLUE GIANT 石塚真一  (←全部読んでる・大好き)
・とんかつDJアゲ太郎 イーピャオ/小山ゆうじろう  (←全部読んでる・大好き)
・雪花の虎 東村アキコ (←一話のみ読んだことある・興味なし)
BILLY BAT 浦沢直樹/長崎尚志 (←モーニングの連載で読んでいるけど・べつに)
・お母さん二人いてもいいかな!? 中村キヨ(中村珍) (←初めて読んだ)
地球防衛軍のヒトビト しりあがり寿 (←初めて読んだ)
・町田くんの世界 安藤ゆき (←初めて読んだ)

※()内は私が読んだことあるかどうかです。すごくどうでもいいでしょうけど一応ね。

読んだことがない作品だと「お母さん二人いてもいいかな!?」が鋭くて良かったけど、なにせ重いし暗いしでもう少しポップになれば読みやすいのに次もっと読みたいと思えなくて残念。東村アキコ先生は自伝的エッセイ以外はあまり面白くないし、BILLY BATはディズニーに喧嘩を売った点だけは評価するけど盛り上がらないストーリーだしね。

でも東京のシティボーイの漫画入門ってこんな感じなんだろうなーという雰囲気は伝わったので、雑誌にケチをつけながら読むのも面白いものでした。ところで今が旬の漫画ってなんでしょうね。個人的には「ムシユヌン」ですけどね!

2015年で私的に面白かった漫画ランキングBest30

さて、みなさんこんばんわ。お正月はひたすら酒を呑んで惚けた頭で過ごしながら去年面白かった漫画をランキングしたので俺はこれが面白かったよ、みなさんはどうですか。というエントリーです。

1位『BLUE GIANT』石塚真一

f:id:shikakuu:20151228151956p:plain

主人公はバスケ部に所属する宮本 大。
中学の時、友人に連れられて見に行ったジャズの生演奏に心打たれた。
その後、たった独りでただがむしゃらにテナーサックスの練習をはじめる。

楽譜は読めず、スタンダードナンバーも知らない。
ただひたすら真っ直ぐ突き進んでいく。

「絶対にオレは世界一のジャズプレイヤーに、なる」。
雨の日も猛暑の日も毎日毎日サックスを吹く。
初めてのステージで客に怒鳴られても。
それでも大はめちゃくちゃに、全力で吹く。

ジャズに魅せられた少年が世界一のジャズプレーヤーを志す物語。

今年はなんといってもこれが一番。音楽漫画の新しい金字塔の誕生です。若者たちが成長し続ける熱気を漫画に込めた石塚さんは凄い漫画家ですね。大が上京してからの新章も激アツ展開ですよね!何より今はまだ序盤ってところが熱いですよね!!

2位『キングダム』原泰久

f:id:shikakuu:20151228152329j:plain

時は紀元前、春秋戦国時代。いまだ一度も統一されたことのない中国大陸は500年もの動乱期。戦国七雄の一つ「秦国」の身寄りのない少年・信と漂は、今は 奴隷のような身なれど、いつか武功をあげて天下一の将軍になることを夢見て修行に励む。そんな二人が偶然、秦国の大臣に出会ったことから運命の歯車が動き 出す!

皆んな読んでるので今さら感ありありですけど、今年も安定して面白かったですよね!始皇帝として国内問題の決着といよいよ侵略戦争を始めたという仕込みの時期でしたけどね!こちらも今からが本番ですからねー。最終的には200巻ぐらいのボリュームないと完結しない気もしますけど。

3位『ザ・ファブル』南 勝久

f:id:shikakuu:20151228152507j:plain

鈍色の愛銃ナイトホークを手に、“殺し屋ファブル”が町にやってくる──!!
どんな敵も鮮やかに葬り去る“殺しの天才”通称ファブルは、相棒の女とともに、
日々、裏社会の仕事をこなす日々‥‥。
だがある日、ボスの突然の指令を受け、“一般人”として、まったく新しい生活
を送るハメに‥‥。
そしてファブルの野蛮で、滑稽で、奇妙な“寓話”が弾け出したッ‥‥!!!

南さんの新作はヤンキー臭が減ってコメディ要素がUP。殺し屋が苦労して日常に溶け込もうとする中2魂をくすぐる設定が最高ですね。脳ある鷹は爪を隠す設定って楽しいですよね!

4位『いぬやしき』奥浩哉

f:id:shikakuu:20151228152611j:plain

イケメンでもない。美少女でもない。
家庭では信頼も威厳もない。会社では出世もない。
主人公は冴えない初老のサラリーマン。
“ないない”ばかりの主人公。
そう、彼が持つ真実を誰も知らない……。

奥浩哉にしか描けない世界。誰も想像がつかない物語。
ぜひ、その目で確かめてください!

なぜかこの作品はランキングに入りませんけど大好きです奥先生!おじいちゃんが主人公ってどないやねんっとか、相変わらず一冊5分で読めるとか突っ込みどころは多々あるけどそれを上回って万能のヒーローにときめくのが男心ですよね。

5位『DAYS』安田剛士

f:id:shikakuu:20151228152833j:plain

嵐の夜、ふたりの少年が出会った。何のとりえもない、特技もない、けれど人知れず、熱い心を秘めた少年・柄本つくし。孤独なサッカーの天才・風間陣。嵐の夜、交わるはずのないふたりが出会ったとき、高校サッカーに旋風を巻き起こす、灼熱、感動、奇跡の物語が幕を開ける!!

友情・努力・勝利の三拍子揃った王道スポーツ漫画。少年マガジンで異彩を放ってましたねー。王者・東院戦も熱気がすごかったし。これをジャンプでなくマガジンで連載できているのか不思議ですわー。

6位『僕たちがやりました』金城宗幸/荒木 光

f:id:shikakuu:20151228153008j:plain

ボウリングのハイスコア更新できそうだし‥
来週 けっこー観たいテレビあるし‥
ツルんでるパイセンは金持ちだし‥

俺の人生 希望しかないわぁ

ゆる~く始まった方向性の見えない序盤から怒涛の展開に大笑いしちゃいますよね。んなアホなと突っ込みながらもやりたい放題のストーリーに脱帽でした。

7位『アイアムアヒーロー花沢健吾

f:id:shikakuu:20151228153207j:plain

鈴木英雄。35歳。漫画家のアシスタント生活。妄想の中でしか現実に勝てず、そんな自分に付き合ってくれる彼女との仲にも、不安と不満が募る。だがある日、現実の世界が壊れ、姿を変えていき…!?『ボーイズ・オン・ザ・ラン』の花沢健吾が放つ、かつてない英雄譚!!

これも超有名作ですが、ジリジリと話は進んでついに英雄がヒーローになりそうな雰囲気まで来たよね。長かった、ここまで長かったよ。いよいよ来年はさらに加速しそうだし期待大ですわ

8位『機動戦士ガンダム サンダーボルト太田垣康男

f:id:shikakuu:20151228153807j:plain

宇宙世紀0079、地球連邦とジオン公国が戦った一年戦争の末期、サイド4のスペースコロニー群、ムーアはジオン軍の攻撃により破壊され、多くの住人が命を落とした。破壊されたコロニーや、撃沈された戦艦の残骸が無数に漂う暗礁宙域では、ぶつかり合い帯電したデブリによって絶えず稲妻が閃くようになり、いつしかそこは、『サンダーボルト宙域』と呼ばれるようになった。ムーア市民の生き残りで構成された地球連邦軍所属部隊、ムーア同胞団は、故郷であったサンダーボルト宙域の奪還を悲願とし、宙域のジオン軍を殲滅せんとしていた。連邦の進軍を足止めせんとするジオン軍も、義肢兵の戦闘データ採取を目的に設立されたリビング・デッド師団を展開。ムーア同胞団に所属しながら、故郷や自身の出自に束縛される事を疎ましく思うイオ・フレミングと、過去の戦闘により両足を失い、今はリビング・デッド師団でエーススナイパーとして活躍するダリル・ローレンツは、戦場で対峙した時、互いに悟るのだった。ふたりは、殺し合う宿命なのだと……。

正直なところ太田垣先生にはムーンライトマイルを描いて欲しいんだけど、こちらもハードSFとして燃えますよね。ガンダムの知識はほぼ無くても十分に楽しめる凄い作品。

9位『女子攻兵』松本次郎

f:id:shikakuu:20151228153952j:plain

次元世紀2011、新東京都市。そこでは異常な兵器を使った異常な戦争が行われていた。兵器の名は“女子攻兵”。女子高生型巨大ロボである。女子攻兵の登場は、今までの戦争の形を変えてしまった! 主人公・タキガワ中尉率いる第13独立女子攻兵猟隊、通称“ハイエナ部隊”は制御不能となった女子攻兵を始末する殺し屋部隊。今回もいつもと変わらない簡単な任務のはずだった……しかし、彼らの前に現れたターゲットは想像を超える最悪の化け物だった!

こちらは変態ロボ漫画がついに完結ですね。女子高生ロボがレズの5Pを始めた時はどうすんだこれって思ったものですがしっかりと完結した松本先生は頑張った!ですね。最終巻の7巻は本当に上手くて主人公と同じ不安な気持がぐるぐるする大傑作!

10位『ゴールデンゴールド』堀尾省太

f:id:shikakuu:20151228154242j:plain

現れたのは、福の神!? 島に降るのは、金か、血か——。

早坂はやさか琉花るか 、中学2年生。
他人の心の機微に聡く、内地の中学に上手くなじめなかった彼女は、両親のもとを離れ、祖母の住む瀬戸内の島で暮らしている。

海で拾った「福の神」らしき置物に、琉花が願掛けをすると、置物そっくりな謎の異形が現れ!?

まだ3話目だけど好きだからしょうがない。画と構図と構成などが異常に上手いですよねー。今回も1話めで不穏な血の匂いを撒き散らしながらも現実ではまだあのキモいやつしか出てきてませんね。どうなるんでしょうね。相変わらず見開きの使い方とか、空気感の描き方が秀逸すぎて大好きでこれを読むためだけにモーニング・ツーを買うはめになってます。

11位『中2の男子と第6感』福満しげゆき

f:id:shikakuu:20151228154428j:plain

妻をまた働きに出そうとしていた福満氏が『僕の小規模な生活』(モーニングKC)の初代担当Yに叱られ、微かに残っていた労働意欲を無理矢理絞り出して、家計のために、しぶしぶ始めた新連載です。でも、短めの4ページ。でも、作品中に散りばめられた「隠しサブカルネタ探し」も楽しめる福満先生らしいマニア向け作品でもあります。

不登校の中2の男子が自らの妄想の産物である(?)メガネ女子に尻を叩かれ、 中学復帰計画をグズグズと進行中です。 「サブカル極め道」に引きずり込まれた男子の、あしたは、どっちだ!?

連載当初は着地点無く方向性無くうろうろしてたのが、後付け設定なのはバレバレだけどストーリーの肉付けに大成功した変な作品。福満くんの描く女子が可愛く見える日が来るとは思わなかったわー

12位『闇金ウシジマくん真鍋昌平

f:id:shikakuu:20151228154621p:plain

闇金業者とは、法外な高金利で貸し付けるアウトローの金貸し。丑嶋は闇金「カウカウファイナンス」を経営。モットーは「世の中は奪い合い。奪(と)るか奪られるかなら、俺は奪るほうを選ぶ!」。サラリーマン・OL、フリーターから風俗嬢、ホスト、ギャル男はたまた生活保護受給者まで、丑嶋から借金をしたことをきっかけに運命が動き出す。借金地獄のその先に、彼らは何を見るのか!?

リアル路線から「やくざくん編」でエンタメ路線に戻ってきた本作。北九州監禁殺人事件をテーマにした「洗脳くん編」がピークかと思ってたけど帰ってきたよ!眞鍋先生は暴力尽くしがよく似合うんやで

13位『ぼくは麻理のなか』押見修造

f:id:shikakuu:20151228155121j:plain

友達が一人もいない大学生の≪ぼく≫のいきがいは、コンビニで見かけた名も知らぬ女子高生を定期的に尾行することだった。いつものようにその娘を尾行していたら、突然記憶が飛び、≪ぼく≫はその娘のベッドで寝ていて、≪ぼく≫はその娘になっていた。その娘は≪麻理≫という名だった――――。

なっかなか連載が進まないと話題の本だったけど今年は頑張ったような気がする。この漫画は完結してから一気に読まないとフラストレーションが溜まるんだけど、一巻を読んでしまうと面白くってダメだよね。まだここまでなの!?となって悔しいから押見先生は連載頑張ってくださいね!

14位『3月のライオン羽海野チカ

f:id:shikakuu:20151228155700j:plain

京の下町に1人で暮らす17歳の少年・桐山零。彼は幼い頃に事故で家族を失い、心に深い傷を負ったまま将棋のプロ棋士となり、孤独な生活を送っていた。養父・幸田の家に居場所を失くし、一人暮らしを始める零は、あかり・ひなた・モモの3姉妹と出会う。

幸田家との異常ともいえる関係や、他人を踏み台にして高みへと昇り続ける『将棋の鬼』とも言える自らの魔性と周囲からの疎外感に苦しみ続ける零は川本家との交流、様々な棋士との対戦を経ていくうち、失っていたものを少しずつ取り戻していく。

やはりベテランは上手いなーということですね。安定のストーリー。泣きと笑いのバランスがすばらしく、出てくる料理もこれまた素晴らしいですよねー。言うことは特にないですよねー

15位『ワンパンマン』原作/ONE 作画/村田雄介

f:id:shikakuu:20151228160022p:plain

時代が求めたニューヒーロー『一撃男』と言えば?!?
『WEB界のカリスマ』と『最強ジャンプ遺伝子』の超強力タッグが描き出す! 平熱系最強ヒーロー“サイタマ”の日常ノックアウトコミック!!

そもそもアンパンマンのオマージュ作品がまさかここまで大々的に成功するとは驚きの一言。やるやん、ONE。てなもんですね。主人公が一撃で敵を倒すという縛りを逆にとって魅力的な登場人物を増やしたことが勝因でしょうね!

16位『終末の天気』作元健司/津覇圭一

f:id:shikakuu:20151228160227j:plain

「要らない人間が多すぎる」——そう思ったことのある人に捧ぐ、破滅の物語。

25歳。金なし、職なし、彼女なし。メロメロメロディーズというアニメにメロメロの黒川が下り坂人生の中で摑んだ“BAN”という能力とは‥。

クズ漫画ナンバーワンなんじゃないでしょうか。出てくる人間がことごとくクズクズクズばかり(笑)くせの強い画に意外性が強いストーリーが絡んで予想外の面白さを醸しております。

17位『戦渦のカノジョ』冨澤浩気

f:id:shikakuu:20151228160338j:plain

勇気と絶望の戦争サバイバル・グラフィティ、ここに開幕!!
修学旅行で京都を訪れた北海道の高校生・優樹(ユウキ)は、憧れの同級生・真琴(マコト)に告白することを決意。クラスメイトで人気者の怜惟(レイ)と3人で各地を巡りながら、恐る恐るタイミングを見計らう。そんな悩ましくも平穏な時間を過ごす中、空から、ごうごうという奇妙な“音”が聞こえ始めた‥‥!!

王道のサバイバル漫画ながらもあくまで現実の中で起こりえる事象で勝負している良作。1話・2話のテンションをそのままに突っ走ることに成功しているので今後にさらに期待。何より絶望の振り幅がデカイのがいいですよね。

18位『僕のヒーローアカデミア』堀越耕平

f:id:shikakuu:20141104182340j:plain

誰もが何かしらの超常能力・"個性"を持つようになった世界!

"個性"を悪用する者を、圧倒的な力で取り締まる「ヒーロー」は皆の憧れの存在となっていた!

主人公・緑谷出久もまた「ヒーロー」になることを夢見る少年だったのだが...!?

まだ小粒感はあるものの丁寧に主人公と仲間の成長を描いた一年。敵が容赦なく悪いってのも大事な要素ですね。

19位『とんかつDJアゲ太郎』イーピャオ/小山ゆうじろう

f:id:shikakuu:20151228160657j:plain

とんかつ、クラブカルチャー、DJ……渋谷の「今」を切り取った最新型アーバンライフがここにある!!さぁ、とんかつ片手にクラブへ繰り出そう!!

意外にも正統派クラブカルチャーを伝えるWEB漫画。昔ならクイックジャパンに載ったでしょうこれって漫画が少年コミックとして発売されているのは凄い。クラブカルチャーのすそ野を広げる伝道師として頑張って頂きたい!

20位『HIKARI-MAN』山本英夫

f:id:shikakuu:20150501175603j:plain

白池 光(しろち ひかり)は、クラスでも全く目立たない
地味めの高校男子。家では格闘ゲームとPC改造に
明け暮れる気弱な電脳オタク少年だ。
極めて平凡な光だが、実は人並み外れた『電気感受性』を
持っていて、静電気のため保健室に運ばれることもしょっちゅう。
そんな彼が自宅のPCでいつもの格闘ゲームに興じていると、
自分の体内から意識と血流だけがPCに吸い込まれ、
電気の通っている所を自由自在に行き来するという
驚異の現象が起きる…!
さらに自分の姿を鏡で見てみると…!!!!?

山本先生が得意とするいじめられっ子が主人公って時点で成功は約束されたようなもの。こちらもまだ導入部分で連載が止まったので今年に期待であります

21位『フラジャイル』原作 草水敏 漫画 恵三朗

f:id:shikakuu:20151228161301j:plain

その医者は極めて優秀な変人である。
岸京一郎、職業・病理医。
癌患者にとって自身の命を託すことになるその男は、患者と顔を合わすことなく精確な診断を下していく。
——直接会わずに済むことは、患者にとって福音である。

普通の医者の漫画でも良かったんじゃないかと思うけど病理医という新しさが魅力でもある本作。軽い画と重みがあるストーリーで進む王道作品。

22位『ムシヌユン』都留泰作

f:id:shikakuu:20151228161441j:plain

「昆虫博士になるのが夢だった」
僕という人間を説明する言葉はそれしかない。
その夢が失われたら、僕はどうすればいい?
帰ることができる「故郷」はひとつ。
南国の島・与那瀬だけ・・・でも、その「故郷」が今!?
ナチュン』から3年。
漫画界の異端・都留泰作が再び南の島を舞台に描く
壮大なる超異色SF!

こいつは何というかストーリーがですねまったく読めませんですね。ジェットコースターに乗った気分でめくるめく幻惑の世界に入れる唯一無二の傑作(になる予定)

23位『ワールドトリガー葦原大介

f:id:shikakuu:20151228161734j:plain

異次元からの侵略者「近界民」の脅威にさらされている三門市。そこに住む少し正義感の強い中学生・三雲修は、謎の転校生・空閑遊真と出会う。

遊真の行動に振り回される修の運命は!?最新型SFアクション始動!!

葦原先生はちょっと丁寧に話を進めすぎですが、ジャンプでは安定した面白さが保証されている安心して読める一冊。今年は体調に気をつけて連載を進めていただきたいものです

24位『ヒナまつり』大武政夫

f:id:shikakuu:20151228161854j:plain

芦川組の若手ホープ・新田の部屋に落ちてきた奇妙な楕円形の物体。それが全ての始まりだった!物体のなかに居たのは、無表情な少女・ヒナ。強力な念動力で新田を脅し、ヒナは新田家に住みつくことに。かくしてヤクザとサイキック少女の危険な共同生活が始まった!

ギャグ漫画の中では断トツに面白いのがこちら。もう三島瞳を主人公にしてもいいんじゃないかってぐらいヒナの存在価値が薄れてるけど、まあそれはそれでいいよ、面白いし

25位『ギャングース』肥谷圭介 ストーリー共同制作 鈴木大介

f:id:shikakuu:20151228162103j:plain

生まれた時から親に虐待され続け、ろくに学校も行けずに青春期を少年院で過ごしたカズキ・サイケ・タケオの3人は、生き抜くために犯罪者だけをターゲットにした“タタキ”稼業を開始した! 3人の“生”への挑戦が今、始まる!!! 最大限に実話を基にした“超実証主義”漫画。

いま犯罪者に一番近い漫画はこれでしょう。専門用語を多用しながら何となくアウトロー気分を味わわせてくれるのが素敵。最近ではカズキの妹が普通にウリをしててハードやなって思いましたよ

26位『秋月あきひろのポジション』野村宗弘

f:id:shikakuu:20151228162254j:plain

秋月あきひろ(28)はプロ野球球団「瀬戸内常勝ドリコノーズ」の育成選手の1年目。妻1人、幼子1人のパパでもあります。
育成選手はアマ以上プロ以下という微妙なポジション。
あきひろの当面の目標は、育成選手から抜け出し、プロ契約を結ぶこと。
タイムリミットは3年。ライバルはたくさん。家族も養う。
野球ができる喜びと、厳しい現実のはざまで今日もあきひろは練習場へ。

野球はまったく興味ないけどこれは面白い。プロ未満という育成選手の辛さとか奮起とかつい応援しちゃうよね。地味だけど上手いなあと思ったら「とろ鉄」描いてた先生だと知って納得です。

27位『波よ聞いてくれ』沙村広明

f:id:shikakuu:20151228162908j:plain

鼓田(こだ)ミナレ、20代独身。札幌在住、スープカレー屋勤務。
ひょんなことからギョーカイ人の中年男性にダマされ、ワケも分からずラジオDJデビュー。カレー界とラジオ界の覇道を歩むべく奮闘はしないが、真の愛と幸せと享楽を求めてオンナは戦い続ける、に違いない。
さあさあさあ、波よ聞いてくれ!!!

沙村先生なのに血が出ない!暴力もない!不条理もない!どう展開するのかまったくわかりませんがミナレさんの勢いだけで突っ走っている怪作。

28位『狼の口 〜ヴォルフスムント〜久慈光久

f:id:shikakuu:20151228163209j:plain

14世紀初頭、アルプス地方。イタリアへと通じるザンクト=ゴットハルト峠には、非情な番人が守る関所があった。難攻不落をもって知られるその場所を、人々はこう呼んだ。ヴォルフスムント―――“狼の口”と。

悪代官ヴォルフラムを倒せば終わるのかと思ってましたけどその後もまだまだおもしろい。血で血を洗う死闘はまだ続くようでワクワクしますよね☆

29位『瑠璃と料理の王様と』きくち正太

f:id:shikakuu:20150708135238j:plain

雑誌「男の食彩」編集部に所属する大丸 太(通称:丸太)は、食・建築・美術・文化…あらゆる美を追求し「平成に蘇りし魯山人」と呼ばれる北大路大観の番記者になることに。しかし、その初対面に朝食で食べたインスタントラーメンのことを指摘され、激怒されてしまう。落ち込み、とぼとぼと帰路につく丸太は、商店街のはずれにあるひっそりとたたずむ古びた店「瑠璃色食堂」に入り、二代目主人・花畑瑠璃(女子大生!)と運命的な出会いを果たす。

きくち先生の魯山人かぶれには食傷しておりますが、悔しいけど面白い、時代劇的なお約束を愉しむ漫画ですね。これも魯山人じゃなくて架空の人にしてくれれば読みやすいのにな

30位『A子さんの恋人』近藤聡乃

f:id:shikakuu:20151228163609j:plain

29歳のアラサー女性・A子は、アメリカ留学を機に、恋人A太郎と縁を切ろうとする。が、うまく別れを切り出せぬまま渡米。そして3年後に帰国するも、人の懐に忍び込むのが上手なA太郎のペースにハマり、まんまと元の腐れ縁に逆戻りしてしまう。ニューヨークにもA君という恋人を作っていたA子は、三角関係という面倒な事態に頭を悩ませる。

優柔不断で、問題を先延ばしにしてしまうA子のクズ人間っぷりが招いた状況を面白がり、ニヤニヤ見守る女友達のK子とU子。30歳を目前に控えた、大人だけど少し大人じゃない、半人前の男女がとりとめのない会話を繰り広げる無責任シティロマンス。

高野文子の影響が強い本作だけど内容はライトでポップ。疲れた時に読むとふふっと笑ってさあお風呂でも入って寝るかという気分になれました。

以上の30作品でした。
今年も面白い作品に出会えますように!!
皆さまもよい一年になりますように!

今週は金未来杯エントリー№3「GALAXY GANGS」がスゴいから読むんやで

という訳で掲題の件なわけだけど金未来杯エントリー№3「GALAXY GANGS/馬上鷹将」が面白い。スタートレックとか銀河ヒッチハイクガイドをベースにしたSFの世界観なんだけど、このジャンルって海外映画ではド定番だけど最近の日本の少年漫画界では誰もやってない・・よね。コブラぐらいしか浮かばないし。ドライなセリフ回しに拳で戦う戦闘シーンを加味したよく出来たストーリーで、絵柄は鳥山明をベースに女の子の描き方は江口寿史からの影響を感じるところ。でも若い先生だと思うから世代じゃないし違うかもね。
f:id:shikakuu:20150803185051j:plain
f:id:shikakuu:20150803185110j:plain
f:id:shikakuu:20150803185148j:plain
f:id:shikakuu:20150803185125j:plain
f:id:shikakuu:20150803185249j:plain
いやはや、しかし画が上手い。台詞回しも上手い。今週の巻頭のブラクロさんより全然おもしろいしオリジナリティに溢れているよね。SF冒険アクションというジャンルに目をつけたのも大正解。久しぶりに宇宙のロマンを感じたし、何より新鮮でしたよね。これはもう1等賞なんじゃないでしょうか。半年後ぐらいには連載始めればきっと太い連載になると思いますぜ。

おしまい。

スポンサーリンク