読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もしかしたら今一番熱いのはヤンマガかもしれない件。

漫画

さて、みなさん、こんにちわ。毎週定期的に発刊されているのが週刊誌。そしてその雑誌にも全体を通してのトーンがありテンションの波があると思うわけです。で、掲題の件ですが、ここ数週間にわたり週刊ヤングマガジンが異様なテンションになっているんですがどうですかね、勘違いじゃないと思うわけですがね!

その筆頭なのがこの漫画、「僕たちがやりました/原作:金城宗幸 (神様の言うとおり)、漫画:荒木光 (塾生★碇石くん)」。「塾生★碇石くん」ではオフビートなヤンキー漫画を描いていた荒木先生が、原作に「神様の言うとおり」の金城氏を迎えて大爆発しております。いや、文字通り先週あたりに大爆発です。掲載開始時から話の方向性が全く読めなかった本作ですが、ついにやってしまいました。いやはや不健全でよいですよね。イジメっ子を爆殺したわけで盛り上がらない方がどうかしてるぜって思うわけですが、主人公たちは顔面蒼白で今後の展開に期待するしかないわけであります。
f:id:shikakuu:20150603144649j:plain
f:id:shikakuu:20150603144702j:plain
f:id:shikakuu:20150603145058j:plain
f:id:shikakuu:20150603145004j:plain
f:id:shikakuu:20150603145016j:plain
f:id:shikakuu:20150603145017j:plain
f:id:shikakuu:20150603145018j:plain
f:id:shikakuu:20150603150251j:plain

akm.md-dc.jp

そしてお次は「ザ・ファブル/南勝久」。大阪の環状族を舞台にした「ナニワトモアレ」を描いていた南先生が、天才殺し屋が一般人として生活するというお話を描いております。クセのある劇画タッチな画風に軽い笑いと暴力の匂いをムンムンさせている、これがもう面白くてたまりませんね。正直なところ「ナニワトモアレ」は自伝的でヤンキー自慢のような痛い面もあったわけですが、こちらの新作は言葉のセンス・コマ割りの上手さなど脂の乗りきった漫画家として超熱いわけですな。
f:id:shikakuu:20150603145642j:plain
akm.md-dc.jp

まだまだあるよ!次はみんな大好き「監獄学園〈プリズンスクール〉/平本アキラ」!平本先生と言えば「アゴなしゲンさん」や「俺と悪魔のブルーズ」と幅広い作品を描いているわけですが、この「監獄学園」はエロに特化して最高に楽しい漫画なわけです。冷静に考えると大してエロいことしてないような気がするけど、画が上手いものだからとことんエロくフェチズム溢れる作品になっております。そして最近ではキヨシがついに花さんのおしっこを69の体勢で頭からかぶったんです。ええ、そりゃもう熱い展開なわけです。
f:id:shikakuu:20150603150142j:plain
f:id:shikakuu:20150603150216j:plain
f:id:shikakuu:20150603150218j:plain
f:id:shikakuu:20150603150220j:plain
監獄学園〈プリズンスクール〉 « ヤングマガジン公式サイト|WEBヤンマガ

ほんで次はヤングキングからやってきた王道ヤンキー漫画家柳内先生による「セブン★スター/柳内大樹」。ヤンキーというには18歳以上でそのあたりは時代の流れを読んだ設定になってんだけど、王道の曲がったことは大嫌いなヤンキー道を突っ走っております。ここ最近では猫を被っていた元ヤンキーがブチ切れまわして復讐に走ろうとしているので盛り上がってきておりますよ!
f:id:shikakuu:20150603150321j:plain
f:id:shikakuu:20150603150508j:plain
f:id:shikakuu:20150603150522j:plain
akm.md-dc.jp


続きましては「戦禍のカノジョ/冨澤浩気」ですね。京都に修学旅行に来たらミサイル攻撃があって街が壊滅しちゃったよって話です。友達や街行く人がガンガン死んでいく描写にはグッとくるものがありましたね。甘そうな画にも関わらず根底には誰を殺してやろうかという作者の悪意も感じられる素敵な作品です。今週はまた大阪あたりに爆撃があったようでテンション高めの展開で進んでおります!
f:id:shikakuu:20150603145916j:plain
f:id:shikakuu:20150603145855j:plain
f:id:shikakuu:20150603145929j:plain
akm.md-dc.jp
この冨澤先生はちばてつや賞を「チョッケツ」で受賞しての今作デビュー作っぽいですね。苦労人の匂いがするし技術もあるし良い作家さんだなー。akm.md-dc.jp

こいつは月1連載の超問題児である「スモーキング/岩城宏士」。月1ながらも久々の本格アウトロー漫画で血がたぎるってやつですわ。前作の『D・B・S ダーティー・ビジネス・シークレット』が異常な面白さだったこともあって今作には期待しかないわけです。
f:id:shikakuu:20150603145439j:plain
akm.md-dc.jp

そしてお次は読むとなぜかコッペリオン井上智徳)を思い出すけど別人の作家さんらしい「放課後ミンコフスキー/原作:青柳碧人、漫画:帯屋ミドリ」。ヤンマガは原作と漫画家さんの相性が良いのかどれも面白い。この漫画は手にポンジュースがかかるとタイムスリップしちゃう女子が過去に戻るため原因を探すっていう変なストーリーで今のヤンマガではほんわか担当でこれまた面白いわけです。
f:id:shikakuu:20150603150710j:plain
f:id:shikakuu:20150603150729j:plain
akm.md-dc.jp

そして極道が親分に命令されてタイで性転換してアイドルを目指す「Back Street Girls/ジャスミン・ギュ」。ギャグ漫画なんで説明なんて野暮だわ。極道・性転換・アイドルってキーワードだけで面白そうだものね。
f:id:shikakuu:20150603150812j:plain
akm.md-dc.jp

ふーー、とりあえず画像付きでここまで。他に「みんな!エスパーだよ!/若杉公徳」も「でぶせん/原作:安童子夕馬、漫画:朝基まさし」も「彼岸島 48日後…/松本光司」も「砂の栄冠/三田紀房」も載ってるし、「カイジ/福本伸行」はようやく底を打ってちょっとずつ面白くなりそうだし、賞味期限切れ漫画の「GTOパラダイス・ロスト/藤沢とおる」も最近は少し面白くなった気がする。気のせいかも知れんけど。
そんな感じで熱い展開の漫画が揃っているよ、ヤングマガジンには。という話でした。

そして最後に今週から始まった問題作の画像を載せておきましょう。「頭文字D」のしげの秀一先生による新作「セーラーエース」です。もう作品名が90年代よ。しげの先生の前作「高嶺の花」もすっっごく辛い作品でしたが、今回もなかなか臭いますよね。セーラーエース。覚えましたか。セーラーエースですよ。はあ。
f:id:shikakuu:20150603150854j:plain
f:id:shikakuu:20150603150944j:plain
f:id:shikakuu:20150603150951j:plain
なぜこの画風で可愛い女子を描けると思ったのか、先生が行くべき道は他にあると思うんですがね。

そんなこんなでヤンマガはエロ要素が減り、ヤンキー度とバイオレンス度の大幅アップによりイケイケ状態に突入しております。まあしげの先生には好きに描いていただくとして、若手・ベテラン共にテンションが高いので面白いですよなう、と言いたかったのでした。

おしまい。

スポンサーリンク