永遠のサブカルチャー漫画家である高浜寛先生がモーニングで掲載していた「エマは星の夢を見る」は良質な大人向け漫画

どんな漫画が好きなの?と尋ねられて「高浜寛」ですって言われるとサブカルチャー好きなのねえ、と思っちゃうよね。そんな人に出会ったことないけど。高浜先生の作品といえばテンションが低いオフビートで単調な漫画のイメージがあって、あまり面白みを感じない(失礼だな)というのが率直な感想。

でもこの「エマは星の夢を見る

」は原作付きだからか非常に面白い。
内容は、主人公のエマがミシュランの覆面調査員として働く、という物珍しいお話。元ミシュラン調査員の実体験を漫画化ということで、ミシュランガイドの裏側を知れるというインテリジェントな漫画な訳です。
f:id:shikakuu:20170914184936j:plain


morning.moae.jp

最近は猫も杓子も料理漫画ブームってことで、とりあえず雑誌に一本は料理漫画を載せとけよってノリで雑な料理漫画が増えておりますよね。異世界に行ったり鬱になったり博打場に行ったり球場に行ったり山に行ったりヒロシの昼飯事情だったり。まあどれも単調で食傷気味(料理漫画だけに)なわけだけど、この作品は新鮮。

読みながら思ったけど、美味しいものばかり出る話ってもう飽きたよね。この作品だとミシュランの調査がメインになるので、お店のサービスや料理をシビアな視点から評価する。ダメな店もあれば素晴らしい店もある、その緩急があるから面白い。初期の「美味しんぼ」の面白さもやはりまずい店の話とかがあって単に、食べて美味しい幸せってだけの話ではないものね。

高浜先生がモーニングで連載するっていうから、そんなメジャーな雑誌で大丈夫なんですかとか思ってほんと申し訳ない。
背景とかよくみるとかなり詳しく事前調査をしていて、あらかじめ単行本一冊分のボリュームだけ描く予定だったんだろうなあ。でもこの話はもっと続きを読みたい。高浜先生としては原作付きとかイヤかもしれないけど、絵とストーリーが良く合っていて読みやすくそして面白い。

ちなみに連載中の漫画だとイブニングに掲載している小林銅蟲先生の「めしにしましょう」が一番好き。なんせ料理がやり過ぎ&スケールがでかい&科学力を駆使するから面白い。そして漫画と合わせてブログで作っているところを載せているのがまた面白い。総じてすべからくやり過ぎ料理の数々。やっぱり針は振り切った方が面白いんだぜ。
evening.moae.jp
↓BLOG
negineesan.hatenablog.com


おしまい。

吉田戦車先生の新作「忍風! 肉とめし」がすごく好きなんですけど、これって恋ですか?(ちがう)

数ヶ月前(あいまい)からスピリッツで連載が始まった(今更かよ)吉田戦車先生の新作「忍風! 肉とめし」。すごく好き。
f:id:shikakuu:20170914181132p:plain
「忍者×肉×めし」という男ならみんな好きなコンボで毎回すごく楽しい。戦車先生もこう書いてるし。

f:id:shikakuu:20170914181833j:plain
f:id:shikakuu:20170914181836j:plain
f:id:shikakuu:20170914181840j:plain
f:id:shikakuu:20170914181841j:plain
肉とめし

「肉と飯の間に調味料以外は入ってはならぬ!」←この気持ち、すごくわかる!
男心をくすぐるこのセリフ凄い!

で、この後は毎週のところ新しい肉料理の模索が続くわけですが、現代日本が舞台で殿様と忍者がいて肉料理ばっかり出てくるという素適な漫画です。好き。
ご家老がスマホが欲しくて殿に内緒で基地局を建てようとしたりする話とか、現代と殿様のアンマッチ感もすごく楽しい。
もはや大御所なのに新しい作品を出す戦車先生はマジ凄い。
単行本が出たらちゃんと買います!お約束します!(ちゃんと買えよ)

おしまい。

おかゆネコ 1 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)

おかゆネコ 1 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)

伝染(うつ)るんです。 (1) (小学館文庫)

伝染(うつ)るんです。 (1) (小学館文庫)

常識から抜け出せ。意志強ナツ子の「魔術師A」は最高級の鬱漫画だよ

最近、この本をよく見かけて地雷臭を感じているあなた。はい、そうです、これはガロ系の流れを汲む正統派のサブカル鬱漫画です。ある意味で2017年を代表する20年後にもビレバンの本棚に残る一冊な訳です。
f:id:shikakuu:20170914200410j:plain
学歴がチェコ国立芸術アカデミー卒という何かわからんけど芸術エリートな香りがプンプンするわけで、そんなワールドなエリートが描く漫画の線がガロ系かと思うと目眩がするよね。

さて、内容はというと色々な女子が病んでるなあという話で、性的な話が多い。ただこの絵柄のせいでエロさは皆無なので完全なるサブカル漫画と化しております。
個人的にはコリコリ屋さんが一番おもしろかったので読んでみて欲しい。
seiga.nicovideo.jp

このカットだけでアウト感あるよね。
f:id:shikakuu:20170914201433j:plain

この作品もステキ。
to-ti.in

こちらは試し読みしてから買うべき一冊で100人に2人ぐらいはすごく面白かったと思えるんじゃないでしょうか。でもメンズには基本相性が悪いかと思いますん。
でもサブカル漫画なんて中身を確認してたら買わない選択することが多いから、何も考えず勢いで買ってしまえばいいよ!(無責任)

あと18禁の青年ホモ漫画もあって、その趣味はないけど笑ってしまったのでお好きな方はぜひ。
エクストリームマンガ学園019-1 意志強ナツ子 りゅうのすけくん 第一章

娯楽というより芸術に近い漫画なのでご注意を。

おしまい。

魔術師A (トーチコミックス)

魔術師A (トーチコミックス)

今更だが「原田ちあきの挙動不審日記」と出会ってしまって感動したので書いておきたい

ぶらりと寄ったビレバンで平積みされていたのがこの一冊。
f:id:shikakuu:20170914172814j:plain
原田ちあき先生が描く「原田ちあきの挙動不審日記」。
そもそも表紙のサイケ感が強くて文字が読めない。題名が読めねーんだよ!

読んだらなんというかね、感動した。面白くて。
帯の吉田戦車先生のコメントにぐっとくる。

不安定でいびつなほんわかさ、
ギスギスしたほのぼのさに、
とても気持ちが落ち着く
by吉田戦車

さすが四コマ漫画のレジェンドである戦車先生。

さて、この「原田ちあきの挙動不審日記」はWEBで読める。
なんせ無料公開されちゃっているのだから。
tsubu.ganma.jp

この話とか
f:id:shikakuu:20170914173832j:plain

この話とか
f:id:shikakuu:20170914173848j:plain

この話とかがお気に入り。
f:id:shikakuu:20170914173905j:plain

この作品はなんだろう。サブカルなんだろうか。サブカルというにはあまりにもPOPでキュートなんだけど。

で、ググったら個人情報とプライベートが山のように出てくる。
まさに捨て身のスーサイドアッタク的なやけっぱちである。
西原理恵子先生の正当な後継者ではないか!とか思うよね。
このあたりの自分の身を切り売りする感覚、すごく好き。ぜひスペーリオールあたりで連載を持っていただきたい。

あと、作者の原田ちあき先生がかわいい(これ大事)
matome.naver.jp

出会ってない面白い漫画ってまだまだあるんだなーと思いました。
おしまい。

原田ちあきの挙動不審日記 (フィールコミックス)

原田ちあきの挙動不審日記 (フィールコミックス)

~煌めく変態の世界~野田サトル先生の『ゴールデンカムイ』に登場する変態さん達のまとめ

みんな大好きだよね野田サトル先生の「ゴールデンカムイ」だよ!
いろいろな変態が出てきたけど、全員思い出せるかい?!
俺はね、思い出せなかったよ!
だから今回は「ゴールデンカムイ」の11巻までに登場する変態さん達をまとめてみたよね。
さあ、みんなも一緒にめくるめく変態の世界へ行ってみよっ!

※ネタバレ多数のため未読の方は見ないように

続きを読む

「春の呪い」で大ブレイク(一部で)し熱狂的なファンを持つ鉄男さんこと小西明日翔さんの新作?「来世は他人がいい」がアフタヌーンで掲載開始

f:id:shikakuu:20170825222647j:plain
いよいよ今月号からアフタヌーン小西明日翔先生の「来世は他人がいい」が始まりましたね。

もうお読みになられましたか?まだなら試し読みがもう出てるぞ、と。
www.pixiv.net

前作の「春の呪い」では恐ろしくキャラ立ちした人物を描く人なのね、好き!抱いて!と新作を期待していたけど、まさか「来世は他人がいい」を連載化するとは。

先生の人となりはこのインタビューが面白かった。
https://cakes.mu/series/3801

連載一回目の感想としては、やはり根っこが暗い。登場人物が猫をかぶっている。そして最後の吉乃(主人公ね)がアレを売る話は16歳の女子高生にしてはないんじゃないの?でもないからこそありなんじゃないの?とか思うよね。
まあ売ったと言って売ってなかったら興ざめもいいところなので売ったんでしょうけど、ただの意地で売ったように見えてしまって演出としては安くて残念。

とはいえ、過去の漫画の影響を感じないオリジナリティある作風なので期待です。

とりあえずWEBで拾った「来世は他人がいい」の前作を置いときますね。
この方向性にいったら素敵だなあ。

f:id:shikakuu:20170825222400p:plain
f:id:shikakuu:20170825222422p:plain
f:id:shikakuu:20170825222603p:plain
f:id:shikakuu:20170825222637j:plain
f:id:shikakuu:20170825222730p:plain

とにかく来月が楽しみですね。
おしまい。

暑い夏に涼しくなる1冊と言えば今ならこれ。椎名うみの「青野くんに触りたいから死にたい」を推したい件

熱いね。元気?脳、溶けてるかい?
グロい漫画は多数あるけれど鳥肌が立つようなホラーな漫画って最近ないなーと思っているあなた。
おすすめです、こちら。

アフタヌーンで掲載中の、椎名うみ青野くんに触りたいから死にたい」。
afternoon.moae.jp

付き合いたての彼氏が2週間で死んじゃう話なんですがね
f:id:shikakuu:20170825214727j:plain

その後、幽霊として復活します。
f:id:shikakuu:20170825214902j:plain
すぐ死ぬとか言っちゃう主人公の優里ちゃん。

この漫画の何がすごいかというと、幽霊の恋人とのほのぼの恋愛から、恋人が不気味な存在に変わる瞬間の落差がすごい。
第一話でいうとこのシーン。
f:id:shikakuu:20170118165802j:plain
f:id:shikakuu:20170825214913j:plain
f:id:shikakuu:20170825214917j:plain
f:id:shikakuu:20170825214922j:plain
素適すぎですよね!この温度差。
あれ?さっきまでのラブラブムードは何処へ?
気温が5度ぐらい下がるよね。

でも優里ちゃんは恋する少女なので、彼氏のすべてを受け入れるわけです。
f:id:shikakuu:20170118170550j:plain
f:id:shikakuu:20170825214932j:plain
どうなってもいいよ!!!

よくねーよ!と突っ込んでしまったら負けですね。
この後も、ほのぼのと見せかけつつ、幽霊という存在の不気味さが何度もでてきて鳥肌です。
そしてまた、恋人のためなら躊躇なく自分を差し出す優里ちゃんのクレイジーっぷりも素晴らしい。
久しぶりに鳥肌がたつ漫画を読んだなあ、と思った次第です。

おしまい。

スポンサーリンク