おいおいおいおい、いつの間にか小川幸辰先生の新作「みくまりの谷深(やみ)」が出てるやん。ほぼ20年振りの新作やで。

久しぶりに本屋で声が出たわ。あの小川幸辰先生が新作を出している。しかも完全描き下ろしで!描き下ろしやで!いきなり書店に並べるとはエンターブレインさんもやりますなあ。
f:id:shikakuu:20171121174452j:plain
何と言っても小川幸辰名義では1998年の「孤島館殺人事件」以来の出版になるので約20年振り。別名義の「おがわ 甘藍」ではたまに描いてたのは知ってるけどあっちはねえ、ねえ?
若い読者に説明すると小川先生は1996年頃に「エンブリヲ」という虫と美少女が戯れるトラウマになる人続出の超名作を描いたんだけど、その後はエロ漫画家になってしまった方なわけです。

で、新刊コーナーにコレが並んでいて同姓同名の作家さんかと疑いながら買ったんだけど、いざ読み出しても疑いが晴れない。あれ?小川先生の描く女子ってこんなだっけ???
f:id:shikakuu:20171121174604j:plain
ちょい待って。主人公が出てきただけで頭がくらくらする。これはいつの時代の少女漫画なんだよ。背景とのギャップがありすぎやろ。そもそも縦ぶち抜きで主役が登場ってコマ割りが少女漫画感すげえ。あとこんなカットもあって電車で吹き出した。
f:id:shikakuu:20171121174703j:plain
いや、わかる。美しい風景に感動した女子のシーンや。わかる。でも浮いてへん?神社とか風景とかの描き方と女子の描き方のギャップがすげえ。

あと例えばこんな自然の景色のシーンは画力が半端じゃないのがわかる。上手い。すごい。ただ、女子は少女漫画的に可愛く、そしてその他登場人物は諸星大二郎先生チックな脱力っぷり。力の入れ具合が露骨に差別しているのがすげえ。
f:id:shikakuu:20171121174830j:plain
沼の画とか風景がすごくキレイ。なのに美少女が登場するとギャップで脳内処理が追いつかない。

ストーリーは住宅開発で住処を失いつつある謎の生き物との衝突、みたいな?
突っ込みどころは満載で、いやいやいやそれはないというシーンが山ほど出て来る。無理があるよその設定は、と何度も思った。でも不思議なものでそう思いながらもザクザク読み切ってしまう。たとえ美少女に違和感を感じてしまっても続きが気になる。さすがは小川先生。腐っても鯛!(超失礼)

この漫画は「エンブリヲ」の精神的な続編として描かれたってナタリーに書いてた。まあそう言われたらテーマは似てるような気がする。なので「エンブリヲ」でトラウマを持った人は必読だと思う。そして、民俗学とか妖怪とか禁忌の土地とかが好きな人にもおすすめできる。諸星大二郎星野之宣が好きな人も。でも万人受けは難しい。

ただ、読後の感想としては買って良かった面白かった、と思う。古臭い面と新鮮な面を併せ持つ非常に不思議な漫画だった。小川先生のリハビリ作のような気はするけど、これを機にどんどん新作を描いて頂きたい。もっとだ!もっとできるだろ小川!である。

最後にですが、単行本の4ページ目がこれなんですがね。読むのやめようかと思いましたよね。効果音!!変だよ効果音!
f:id:shikakuu:20171121174545j:plain

そんな感じで非常に面白い漫画ですのでみんな買ってしまえばいいんだよ。ディスってるようになってしまったけど、ネタバレせずに書こうと思ったらこんな感じになってしまったよ。そして「エンブリヲ」を読んだことない子はこの機会にちゃんと読むんだよ。しかし小川先生が復活か。嬉しい驚きでございますね。

ちなみにAmazonの「おがわ 甘藍」の紹介文がひどい。

マンガ家美少女。現役小6の12歳。1993年、姉に、個人的に描きためていた作品を勝手に投稿され、まさかの上位入賞。その後、原宿を友人と歩いているところをスカウトされ、松文館より『破瓜』にてデビュー。以後、美少女Hマンガの若きエースとして、マニアたちの熱い視線に晒され続け、カラダの奥がジンジンしている。

みなさん。小川幸辰先生は漫画化歴20年以上の男性ですからね。覚えておきましょうね。

おしまい。

みくまりの谷深 2巻 (ハルタコミックス)

みくまりの谷深 2巻 (ハルタコミックス)

幽霊の彼氏が悪霊化するシーンが素晴らしい!「青野くんに触りたいから死にたい」の2巻は最高やで!

初恋の彼氏が突然死んじゃったメンヘラ女子高生が、幽霊の彼氏を友人に憑依させてキスしたり自分の身体を触らせようとしたりする青春恋愛漫画の甘い一面と、幽霊の彼氏が悪霊化するホラーパートの配分が素晴らしい「青野くんに触りたいから死にたい」の2巻が発売です。パチパチパチ。

f:id:shikakuu:20171023190625j:image

昨日は「ゴールデンゴールド」も発売されたし漫画好きにはたまらない週ですよね!ね!?

この漫画は本当に素晴らしくて、特に甘い青春とホラーの混ぜ具合が最高。なかでもお気に入りは、黒青野くん(悪霊化した青野くん)の部屋が汚部屋だったり出された料理がどこか汚らしかったり、机の下を誰かが覗き込んできたりしたあのシーンですね。鳥肌ものですよねー。

とにかくテンポよくとんとん話が進むので面白いんだけど、まだまだ終わってほしくない思いもたっぷりある。もっと読みたい。二十巻ぐらい読みたいよね、この世界観。

最新のアフタヌーンで続きから読めるので、教室を出た優里ちゃんがどうなったか知りたい人は読めばいいと思うよ。

しかし最近のアフタヌーンはなかなか充実してていいよね。なかでも植芝理一の『大蜘蛛ちゃんフラッシュ・バック』はヤバい。マザコンの極みの話でコメディとして描いてるけど、母への恋という生物としてのアウトゾーンに踏み込んでいるから読んでいて嫌悪感がすごい。ヤバい。個人的にはホラーとして楽しんでいる。

そんな感じで青野くんがどうなったのか気になるよね!というところです。

 

おしまい。

 

 

 

 

 

 

 

【ゴールデンゴールド 3巻】瀬戸内海の離島にアニメイトが欲しい。少女の願いを叶えるため福の神は立ち上がる!本日発売の3巻では衝撃の変身能力も!

今年一番発売が待ち遠しかった「ゴールデンゴールド」が本日発売だよ。最近はホリエモンがファンを公言してて、ホリエモンに推される漫画と認識されるのはなんかいやだなと思うファン心理。あと、なぜこんなにとっつきにくい表紙にしたんだよ!

f:id:shikakuu:20171023184248j:image

さてさて、二巻では衝撃の結末があったけどこの三巻ではさらなる衝撃が待ち受けいる。ツブツブが鳥肌が立つほど気持ち悪く、あぁなんて素晴らしい体験をさせてくれるんだ堀尾氏は!とマゾい気持ちで胸いっぱいです。ええ。

 

まだ3巻しか出ていないので未読の方には激しく推したいのと、連載をモーニング・ツーじゃなくせめてイブニングにしてくれや、という切なる思いをここに記しときます。

 

あと今頃になってようやく前作の「刻々」が映像化されるそうでおめでとうございますと思いながらも、アニメより映画で見たかったなあと。久しぶりに刻々も読み返すいいタイミングですね。持ってない人は買いましょう(くどい)

 

おしまい

 

 

 

刻刻(1) (モーニングコミックス)

刻刻(1) (モーニングコミックス)

 

 http://arehasouhigashinosorani.hatenablog.jp/entry/2014/11/06/171524

 

「北北西に曇と往け」という珍妙なタイトルの入江亜季先生の新作はイケメンBOYが探偵するだけじゃない良い漫画だよ

入江亜季先生の新作は「車と話ができる」という少し不思議な能力を持つ青年の物語。「乱と灰色の世界」の完結からもう2年ですか。そうですか。時間が経つのは早いものですね。
f:id:shikakuu:20171019095308j:image

群青学舎」でキラキラした漫画の世界を見せてくれていた入江先生ですが「乱と灰色の世界」では少しトーンダウンというか上手いんだけど何か暗いお話になっていた印象でしたね。

今作では土や草や風の匂いがするようで、そしてやっぱり若干陰りがある雰囲気はあります。まあその『陰』の部分が先生の魅力ではあるんですがね。

ストーリー的には、アイスランドで探偵業をするイケメン青年の日常譚なんて読みたくねーよ。と思っていたら後半に登場する弟くんがいいキャラしてそうで盛り上がりそうだなあと思った次第です。

とにかく入江先生の魅力は画力と構図力。草木や風の描き方が独特ですごく素敵。ストーリーは重視せずまずは画の魅力から入るのもアリですよね。

次の巻も出たら買うけど、次出るの10ヶ月後とかだぜ。まあ気長に待って数年後にまとめて読み返すのが良いかもしれない作品ですね。

 

群青学舎 一巻 (HARTA COMIX)
 

 

 

 

青野春秋先生の新作「花束をください」は花束と無縁の人生を歩むクズい私たちが共感できるクズ漫画です♡

人性で花束貰ったことあります?無いですよね。ね?そんな輝かしい人生の記憶はまったくない。

スピリッツ誌上で「100万円の女たち」を描き上げ(私に)絶賛されまくっていた青野春秋先生の新作「花束をください」は花束とは無縁の腐れ自殺志願者の二人が主人公。

f:id:shikakuu:20171019095354j:image

若者とおっさんが首吊りしようとして出会うところからスタート。青野作品に一貫して流れる倦怠感は健在で、ものさしを使わずに描かれたヒョロヒョロとした建物や家具の中で、ダルい空気のストーリーが進行する。すごく面白い。

http://www.gentosha-comics.net/story/cat2875.html

 

そして青野先生は全くもって絵が上手くない(一般的な絵師さん基準で)んだけど、描く女はどれも可愛い。なんだろうね不思議だよね。すごく魅力的なキャラを描くよね。

 

でも連載先がバーズ!???え?バーズ?まだ生き残ってたのバーズ?
f:id:shikakuu:20171020084049j:image

冬目景いくえみ綾!月子!頑張っているような気がするよバーズ。しかしなあ、青野さんなら今のヤンジャンに載ってもトップクラスに面白いのに。もったいない。

 

一巻の最後でおっさんはアレに立候補するんだけど、クズはどこまでいってもクズだからクズなんだよってことを改めて世に知らしめて頂きたいなあとか妄想しておりました。

 

おしまい。

永遠のサブカルチャー漫画家である高浜寛先生がモーニングで掲載していた「エマは星の夢を見る」は良質な大人向け漫画

どんな漫画が好きなの?と尋ねられて「高浜寛」ですって言われるとサブカルチャー好きなのねえ、と思っちゃうよね。そんな人に出会ったことないけど。高浜先生の作品といえばテンションが低いオフビートで単調な漫画のイメージがあって、あまり面白みを感じない(失礼だな)というのが率直な感想。

でもこの「エマは星の夢を見る」は原作付きだからか非常に面白い。
内容は、主人公のエマがミシュランの覆面調査員として働く、という物珍しいお話。元ミシュラン調査員の実体験を漫画化ということで、ミシュランガイドの裏側を知れるというインテリジェントな漫画な訳です。
f:id:shikakuu:20170914184936j:plain


morning.moae.jp

最近は猫も杓子も料理漫画ブームってことで、とりあえず雑誌に一本は料理漫画を載せとけよってノリで雑な料理漫画が増えておりますよね。異世界に行ったり鬱になったり博打場に行ったり球場に行ったり山に行ったりヒロシの昼飯事情だったり。まあどれも単調で食傷気味(料理漫画だけに)なわけだけど、この作品は新鮮。

読みながら思ったけど、美味しいものばかり出る話ってもう飽きたよね。この作品だとミシュランの調査がメインになるので、お店のサービスや料理をシビアな視点から評価する。ダメな店もあれば素晴らしい店もある、その緩急があるから面白い。初期の「美味しんぼ」の面白さもやはりまずい店の話とかがあって単に、食べて美味しい幸せってだけの話ではないものね。

高浜先生がモーニングで連載するっていうから、そんなメジャーな雑誌で大丈夫なんですかとか思ってほんと申し訳ない。
背景とかよくみるとかなり詳しく事前調査をしていて、あらかじめ単行本一冊分のボリュームだけ描く予定だったんだろうなあ。でもこの話はもっと続きを読みたい。高浜先生としては原作付きとかイヤかもしれないけど、絵とストーリーが良く合っていて読みやすくそして面白い。

ちなみに連載中の漫画だとイブニングに掲載している小林銅蟲先生の「めしにしましょう」が一番好き。なんせ料理がやり過ぎ&スケールがでかい&科学力を駆使するから面白い。そして漫画と合わせてブログで作っているところを載せているのがまた面白い。総じてすべからくやり過ぎ料理の数々。やっぱり針は振り切った方が面白いんだぜ。
evening.moae.jp
↓BLOG
negineesan.hatenablog.com


おしまい。

吉田戦車先生の新作「忍風! 肉とめし」がすごく好きなんですけど、これって恋ですか?(ちがう)

数ヶ月前(あいまい)からスピリッツで連載が始まった(今更かよ)吉田戦車先生の新作「忍風! 肉とめし」。すごく好き。
f:id:shikakuu:20170914181132p:plain
「忍者×肉×めし」という男ならみんな好きなコンボで毎回すごく楽しい。戦車先生もこう書いてるし。

f:id:shikakuu:20170914181833j:plain
f:id:shikakuu:20170914181836j:plain
f:id:shikakuu:20170914181840j:plain
f:id:shikakuu:20170914181841j:plain
肉とめし

「肉と飯の間に調味料以外は入ってはならぬ!」←この気持ち、すごくわかる!
男心をくすぐるこのセリフ凄い!

で、この後は毎週のところ新しい肉料理の模索が続くわけですが、現代日本が舞台で殿様と忍者がいて肉料理ばっかり出てくるという素適な漫画です。好き。
ご家老がスマホが欲しくて殿に内緒で基地局を建てようとしたりする話とか、現代と殿様のアンマッチ感もすごく楽しい。
もはや大御所なのに新しい作品を出す戦車先生はマジ凄い。
単行本が出たらちゃんと買います!お約束します!(ちゃんと買えよ)

おしまい。

おかゆネコ 1 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)

おかゆネコ 1 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)

伝染(うつ)るんです。 (1) (小学館文庫)

伝染(うつ)るんです。 (1) (小学館文庫)

スポンサーリンク