永遠のサブカルチャー漫画家である高浜寛先生がモーニングで掲載していた「エマは星の夢を見る」は良質な大人向け漫画

どんな漫画が好きなの?と尋ねられて「高浜寛」ですって言われるとサブカルチャー好きなのねえ、と思っちゃうよね。そんな人に出会ったことないけど。高浜先生の作品といえばテンションが低いオフビートで単調な漫画のイメージがあって、あまり面白みを感じない(失礼だな)というのが率直な感想。

でもこの「エマは星の夢を見る

」は原作付きだからか非常に面白い。
内容は、主人公のエマがミシュランの覆面調査員として働く、という物珍しいお話。元ミシュラン調査員の実体験を漫画化ということで、ミシュランガイドの裏側を知れるというインテリジェントな漫画な訳です。
f:id:shikakuu:20170914184936j:plain


morning.moae.jp

最近は猫も杓子も料理漫画ブームってことで、とりあえず雑誌に一本は料理漫画を載せとけよってノリで雑な料理漫画が増えておりますよね。異世界に行ったり鬱になったり博打場に行ったり球場に行ったり山に行ったりヒロシの昼飯事情だったり。まあどれも単調で食傷気味(料理漫画だけに)なわけだけど、この作品は新鮮。

読みながら思ったけど、美味しいものばかり出る話ってもう飽きたよね。この作品だとミシュランの調査がメインになるので、お店のサービスや料理をシビアな視点から評価する。ダメな店もあれば素晴らしい店もある、その緩急があるから面白い。初期の「美味しんぼ」の面白さもやはりまずい店の話とかがあって単に、食べて美味しい幸せってだけの話ではないものね。

高浜先生がモーニングで連載するっていうから、そんなメジャーな雑誌で大丈夫なんですかとか思ってほんと申し訳ない。
背景とかよくみるとかなり詳しく事前調査をしていて、あらかじめ単行本一冊分のボリュームだけ描く予定だったんだろうなあ。でもこの話はもっと続きを読みたい。高浜先生としては原作付きとかイヤかもしれないけど、絵とストーリーが良く合っていて読みやすくそして面白い。

ちなみに連載中の漫画だとイブニングに掲載している小林銅蟲先生の「めしにしましょう」が一番好き。なんせ料理がやり過ぎ&スケールがでかい&科学力を駆使するから面白い。そして漫画と合わせてブログで作っているところを載せているのがまた面白い。総じてすべからくやり過ぎ料理の数々。やっぱり針は振り切った方が面白いんだぜ。
evening.moae.jp
↓BLOG
negineesan.hatenablog.com


おしまい。

スポンサーリンク